2017
01/10

COMMENTS:
No Comments »

トラブルを回避するための契約書

フリーランスの人は、それぞれその月の収入などを考えて仕事を引き受けていることでしょう。しかし、フリーになってすぐ収入を安定させることは難しい場合もあるので、仕事は選べないと思いながら働いている人もいるかもしれず、そういった時にトラブルに巻き込まれてしまうケースがあります。
そのトラブルの1つに報酬の未払いがあります。
フリーランスとなれば、専門の仕事だけをすれば良いわけではなく、請求や入金の確認など経理関係の仕事も自分で行う必要があります。フリーになりたての頃は、慣れていないこともあり、クライアントの情報を確かめずに仕事を請ける人もいるかもしれませんが、クライアントの中には納品後支払いを行ってこないところや支払いが遅いところなどがあり、収入に影響が出てしまうこともあります。収入などを見込んで仕事を請けているはずなので、予定通りに入金されなければ生活に支障をきたしてしまうことになりかねません。
こういった未払いトラブルに合わないためには、口約束ではなく、契約時にしっかりと契約書を作成することが大切です。どんなに親しいクライアントでも、どんなに少額の案件でも、必ず契約書を作成するようにしましょう。万が一の時には契約書が仕事を請けたという証拠になります。
このように、フリーランスとして仕事を引き受ける際には、報酬未払いなどのトラブルを避けるために、きちんと契約書を作成することが大切になります。未払いとなれば、見込んでいる収入がなくなってしまうことになるので、しっかりと対策を取りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です